ウィーヴァー-ブレイ効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ウィーヴァー-ブレイ効果とは?

ウィーヴァー-ブレイ効果(Weaver-Brehm effect)は、社会心理学における概念であり、人々が自分が選択した選択肢や意見をより好ましく評価し、他の選択肢や意見をより否定的に評価する傾向を指します。つまり、自身が選んだものに対して好意的な評価をし、それ以外の選択肢には否定的な評価を下す心理的なバイアスのことを指します。

ウィーヴァー-ブレイ効果は、認知的不協和(cognitive dissonance)と密接に関連しています。認知的不協和理論では、人々は自分の行動や意見が一致していることを好む傾向があります。自分自身が選択したものや支持する意見には、自己の一貫性を維持するために肯定的な評価を行い、他の選択肢や意見には否定的な評価を行うことで一貫性を保とうとします。

ウィーヴァー-ブレイ効果は、さまざまな領域で観察されます。例えば、個人の消費の選択や政治的な意見形成において、自身の選択や立場を強調し、他の選択肢や意見を軽視する傾向が見られることがあります。また、グループの中での意思決定や対立においても、ウィーヴァー-ブレイ効果が影響を与えることがあります。

ウィーヴァー-ブレイ効果は、人々の自己の一貫性を維持し、自己を正当化する心理的なメカニズムとして機能すると考えられています。この効果を理解することで、意思決定や意見形成におけるバイアスや認知的な歪みについて考えることができます。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E2%80%90%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%8A%B9%E6%9E%9C-787857

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5