副交感神経

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

副交感神経とは?

副交感神経(Parasympathetic Nervous System)は、自律神経の一部であり、身体の休息や回復に関与する神経系です。自律神経は、無意識的に内臓機能を制御し、体内の恒常性を維持する役割を果たします。自律神経は、副交感神経と交感神経の2つの主要な部分で構成されています。

副交感神経は、身体をリラックス状態に導き、回復や修復のプロセスを促進します。以下に、副交感神経の主な機能と影響をいくつか示します:

心拍数と呼吸: 副交感神経は心拍数を低下させ、呼吸を緩やかにすることで身体をリラックスさせます。これにより、心拍数と血圧が低下し、身体のエネルギー消費が抑制されます。

消化機能: 副交感神経は消化器官の活動を促進し、食物の消化・吸収をサポートします。また、腸の運動性を増加させ、排便を促進します。

眼の瞳孔: 副交感神経は眼の瞳孔を収縮させることで、近くの対象に焦点を合わせる能力を高めます。

体内リラクゼーション: 副交感神経の刺激は、身体の筋肉をリラックスさせる効果をもたらします。これにより、身体の緊張やストレスが軽減されます。

副交感神経は、日常のリラックスや休息の状態で活動が高まります。ストレスや緊張状態では、交感神経が優位になり、身体は活動的な状態に移行します。自律神経のバランスは、身体の機能と心理的な状態の調整に重要な役割を果たしています。

https://www.kenkou-club.or.jp/kenko_yogo/h_12.jsp