パーキンソンの凡俗法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

パーキンソンの凡俗法則とは?

「パーキンソンの凡俗法則」とは、イギリスの歴史学者であるサイラル・パーキンソン(Cyril Northcote Parkinson)によって提唱された法則です。この法則は、組織やビジネスの中での業務拡大や官僚制度の膨張に関する現象を説明するものであり、以下のような内容を述べています。

パーキンソンの第一法則:仕事は利用可能な時間に充填される。
例えば、与えられた期限や実際に必要な時間に比べて、仕事が長く時間をかけて行われる傾向があるとされます。業務量が増えると、その業務を遂行するために時間やリソースが割り当てられ、結果的に時間の浪費や非効率な業務が発生するとされます。

パーキンソンの第二法則:組織は自己保存を目指す。
組織や官僚制度は、自らの存在を維持するために常に成長や拡大を追求し、組織内に新たなポジションや部門を創設する傾向があるとされます。この結果、組織全体の効率性が低下し、冗長な手続きや負担が増える可能性があります。

この法則は、1957年にパーキンソンが著書「パーキンソンの法則(Parkinson's Law)」で初めて提唱しました。以後、経営学や組織論の分野で広く引用され、組織の拡大や業務の管理に関する議論や研究に影響を与えました。

https://ssaits.jp/promapedia/glossary/law-of-triviality.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5