競争原理とは、経済学における原理の一つで、資本、労働、技術などの資源が限られている場合、その資源を獲得するために、個人や企業などの集団が競争を行い、その中で優位な者、生産性が高い者がその資源を獲得する、とする考え方

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

競争原理とは、経済学における原理の一つで、資本、労働、技術などの資源が限られている場合、その資源を獲得するために、個人や企業などの集団が競争を行い、その中で優位な者、生産性が高い者がその資源を獲得する、とする考え方です。

競争原理は、市場経済において重要な役割を果たしています。競争によって、企業はより効率的な経営を行うようになり、商品やサービスの価格が下落し、消費者の利益が向上します。また、競争によって、企業は新しい技術や製品を開発し、経済の発展に貢献します。

競争原理の具体例としては、以下のような事例が挙げられます。

  • 企業同士が価格競争を行い、商品やサービスの価格が下落する。
  • 企業が新しい技術や製品を開発し、市場に参入することで、既存の企業の競争が激化する。

競争原理には、以下のようなメリットがあります。

  • 資源の効率的な配分:競争によって、より効率的な企業が資源を獲得し、資源の無駄が抑えられる。
  • 消費者の利益の向上:競争によって、商品やサービスの価格が下落し、消費者の利益が向上する。
  • 経済の発展:競争によって、企業は新しい技術や製品を開発し、経済の発展に貢献する。

しかし、競争原理には、以下のようなデメリットもあります。

  • 格差の拡大:競争によって、より効率的な企業が利益を獲得し、企業間の格差が拡大する可能性がある。
  • 社会の不安定化:競争によって、企業の倒産や失業などの社会問題が発生する可能性がある。

競争原理は、経済を効率的に運営するために重要な原理ですが、そのメリットとデメリットを理解した上で、適切に活用することが重要です。

参考URL:
競争原理(キョウソウゲンリ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5