役割期待

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

役割期待とは、特定の地位や立場にある個人に対して、周囲の他者から期待される行動のことです。社会学的には、特定の地位の占有者に対して規範的に期待される行動と定義されます。社会心理学的には、相互作用において言語や身ぶり、表情などの表出的シンボル expressive symbolを媒介にして伝達される自我ならびに他者の充足期待と定義されます。

役割期待は、社会的に特定される地位や立場に基づく期待と、友人関係などにおける個人的な期待の2つに分類できます。社会的に特定される地位や立場に基づく期待は、個人によって役割に変更はなく、集団内で共有された期待があります。一方で、友人関係における個人的な期待は、役割取得者によって異なる場合があります。

役割期待は、人間関係や社会秩序を維持するために重要な役割を果たしています。役割期待に沿った行動をすることで、個人は他者からの信頼を得ることができ、社会的な秩序を維持することができます。

役割期待の例としては、以下のようなものが挙げられます。

会社員であれば、仕事に真面目に取り組み、成果を出すことが期待されます。
学生であれば、学業に励み、社会に貢献する人材になることが期待されます。
夫であれば、家族を養い、家事や育児に協力することが期待されます。
妻であれば、家庭を守り、夫を支えることが期待されます。
役割期待は、個人の行動や感情に影響を与える可能性があります。役割期待に沿った行動をすることで、個人は自己肯定感や満足感を得ることができます。一方で、役割期待に沿った行動ができない場合、罪悪感や不安感を感じる可能性があります。

役割期待は、社会や文化によって異なります。また、時代によっても変化していきます。そのため、役割期待を理解し、それに適応していくことが重要です。

https://jbmhrd.co.jp/glossary/role-expectations.html