ワード・ホブランド効果とは、意味を持たない内容の記憶(無意味綴り)について起こるレミニセンス効果のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ワード・ホブランド効果とは、意味を持たない内容の記憶(無意味綴り)について起こるレミニセンス効果のことを指します。

具体的には、無意味な綴りを最初に見た直後に比べて、10分後に再び見た時に、記憶が向上するという効果です。

この効果は、以下の2つの要因によって引き起こされると考えられています。

  • 記憶の整理:記銘した直後は、記憶がまだ整理されていない状態です。一定時間が経つことで、記憶が整理され、想起しやすくなります。
  • 関連付け:記銘した記憶と、新しい情報や経験が関連付けられることで、記憶が強化され、想起しやすくなります。

ワード・ホブランド効果は、学習や記憶の向上に役立つ効果です。例えば、試験勉強をする際に、無意味な綴りを覚える必要がある場合、10分ごとに復習を行うことで、記憶の定着につながります。また、睡眠は、記憶の整理と関連付けに重要な役割を果たすため、睡眠を十分にとることも、ワード・ホブランド効果を高めるために効果的です。

ただし、ワード・ホブランド効果は、記憶の歪みを生む可能性があることにも注意が必要です。例えば、試験勉強の際に、間違った情報を覚えていた場合、10分ごとに復習を行うことで、間違った記憶が強化される可能性があります。また、睡眠中に、記憶の歪みが生じる可能性もあります。

ワード・ホブランド効果は、以下の実験によって発見されました。

1957年、心理学者のジョン・ワードとデイヴィッド・ホブランドは、被験者に無意味な綴りを覚えさせた後、10分間休ませ、その後もう一度覚えさせたところ、記憶が向上していることを発見しました。この結果から、ワードとホブランドは、意味を持たない内容の記憶についても、レミニセンス効果が起こることを提唱しました。

ワード・ホブランド効果は、その後の研究によって、多くの研究者が確認しています。また、この効果は、認知心理学における重要な研究成果の一つとして、広く知られています。

参考URL:
ワード・ホブランド効果とは何? わかりやすく解説 Weblio辞書

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5