損失回避バイアスとは、利得と損失を比較した際に、損失の方がより重大だと感じる心理傾向

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

損失回避バイアスとは、利得と損失を比較した際に、損失の方がより重大だと感じる心理傾向を指します。

例えば、10万円を失うよりも、10万円をもらう方が、喜びの度合いは小さいとされています。また、10万円を失うリスクを冒すよりも、10万円をもらえる確率を高めるリスクを冒す方が、多くの人は躊躇します。

損失回避バイアスは、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 感情的影響:損失は、人々に不安や恐怖などのネガティブな感情を引き起こします。そのため、損失を回避しようとする傾向が強くなります。
  • 認知的影響:損失は、利得よりも記憶に残りやすいという特徴があります。そのため、損失の可能性を過大評価する傾向が強くなります。

損失回避バイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • 投資においては、損失を恐れて、投資を避けたり、損失を出している投資を売却しなかったりする
  • ビジネスにおいては、失敗を恐れて、新しいことにチャレンジしなかったり、失敗したプロジェクトを継続したりする
  • 日常生活においては、損失を恐れて、変化を避けたり、損失を恐れて、リスクを冒さなかったりする

損失回避バイアスは、必ずしも悪いことばかりではありません。例えば、損失を恐れて、リスクを避けることで、損失を防ぐことにつながることもあります。しかし、損失回避バイアスが働くと、機会を逃したり、損失をさらに拡大させたりすることもあります。

損失回避バイアスを軽減するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 損失と利得を客観的に評価する
  • 損失の可能性と損失を回避するために必要なコストを比較する
  • リスクを積極的にとる姿勢を持つ

損失回避バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、より合理的な判断を下せるようになります。

参考URL:
暮らしに活かす行動経済学 ! 損の悲しみが人を動かす「損失回避バイアス」 | マネー | おすすめコラム | 大和ネクスト銀行

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5