認知機能検査とは、記憶力や注意力、思考力、判断力などの認知能力を測定する検査

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

認知機能検査とは、記憶力や注意力、思考力、判断力などの認知能力を測定する検査です。

認知機能検査は、以下の目的で実施されます。

  • 認知症の早期発見・診断
  • 認知機能の変化の検査
  • 認知機能の訓練効果の検証
  • 教育や職業適性の評価

認知機能検査には、さまざまな種類があります。代表的な認知機能検査としては、以下のようなものが挙げられます。

  • MMSE(Mini-Mental State Examination):短時間で実施できる簡易的な検査です。
  • WAIS-IV(Wechsler Adult Intelligence Scale):知能を測定する検査です。
  • DSST(Digit Symbol Substitution Test):注意力や視覚記憶力を測定する検査です。
  • AVLT(Auditory Verbal Learning Test):記憶力を測定する検査です.
  • Trail Making Test(TMT):注意力や視覚追跡能力を測定する検査です。
  • Wisconsin Card Sorting Test(WCST):思考力や判断力を測定する検査です。

認知機能検査は、医療機関、教育機関、民間企業などで実施されています。

認知機能検査の実施方法は、検査の種類によって異なります。一般的には、受検者が指示に従って、簡単な質問や問題に答えたり、作業をしたりすることで、認知能力を測定します。

認知機能検査の結果は、受検者の年齢や性別、学歴などの背景を考慮して解釈されます。認知機能検査の結果が正常であれば、認知症などの疾患は考えにくいと判断されます。しかし、認知機能検査の結果が異常であれば、認知症などの疾患の可能性を検討する必要があります。

認知機能検査は、認知症の早期発見や診断、認知機能の変化の検査など、さまざまな目的で活用されています。

参考URL:
認知機能検査について|警察庁Webサイト