3人のキリスト実験は、1959年から1961年にかけて、ミシガン州イプシランティの州立病院で、精神科医のミルトン・ロッキーチが行った心理学的実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

3人のキリスト実験は、1959年から1961年にかけて、ミシガン州イプシランティの州立病院で、精神科医のミルトン・ロッキーチが行った心理学的実験です。ロッキーチは、自分がイエス・キリストだと信じている3人の妄想型統合失調症患者を、同室で生活させ、互いの主張をぶつけ合わせることで、彼らの精神状態を改善しようとしました。

3人の患者は、以下のとおりです。

  • ジョセフ・マーティン:30歳の男性。キリストが復活して、再び地上に降臨したと信じています。

  • クライド・ベイリー:23歳の男性。自分がイエスの弟子であり、救世主の役割を果たすために遣わされたと信じています。

  • リオン・ルイス:21歳の男性。自分がイエスの生まれ変わりであり、世界を救うために再び現れたと信じています。

ロッキーチは、3人の患者を同室にすることで、彼らが互いの主張に矛盾や不整合があることに気づき、自分の信念を疑い始めるだろうと考えました。また、彼らが互いに助け合うことで、精神状態が改善されるのではないかとも考えました。

実験は2年間にわたって行われましたが、3人の患者の信念は変化しませんでした。むしろ、彼らは互いに対立し、仲違いを深めるようになりました。ロッキーチは実験を中止し、3人の患者は別の病院に移送されました。

この実験は、精神疾患の治療法として、対立や仲違いを促す方法が有効であるという考えを支持するものとはなりませんでした。しかし、妄想型統合失調症患者の信念の強さを示すものとして、注目を集めています。

参考URL:
イプシランティの3人のキリスト - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5