恒常性バイアス(normalcy bias)とは、日常生活の延長線上に置いて、予期せぬ事態を過小評価する傾向を指す認知バイアス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

恒常性バイアス(normalcy bias)とは、日常生活の延長線上に置いて、予期せぬ事態を過小評価する傾向を指す認知バイアスです。

例えば、地震や台風などの自然災害が起こった場合、多くの人が「自分は大丈夫」「自分は被害にあわない」と思い込み、避難や備蓄などの対策を遅らせてしまうことがあります。また、金融危機や株価暴落などの経済危機が起こった場合も、多くの人が「自分は影響を受けない」「すぐに持ち直すだろう」と思い込み、対策を怠ってしまうことがあります。

恒常性バイアスは、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 人間の認知の限界:人間の認知は、複雑な情報を処理するのが苦手です。そのため、予期せぬ事態を理解し、適切な対応をとることが難しいのです。
  • 希望的観測:人は、一般的に、悪いことが起こることを避けたいと思っています。そのため、予期せぬ事態が起こることを過小評価し、希望的観測を抱いてしまうことがあります。

恒常性バイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • 災害対策においては、恒常性バイアスが働くことで、被害を拡大してしまうことがあります。
  • 経済対策においては、恒常性バイアスが働くことで、経済の回復を遅らせてしまうことがあります。
  • 日常生活においては、恒常性バイアスが働くことで、リスクを回避できず、損失を被ってしまうことがあります。

恒常性バイアスは、必ずしも悪いことばかりではありません。例えば、恒常性バイアスが働くことで、日常生活のストレスを軽減したり、前向きに物事を考えたりすることができることもあります。しかし、恒常性バイアスが働くと、リスクを過小評価し、適切な対応をとれなくなることにもなりかねません。

恒常性バイアスを軽減するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 予期せぬ事態が起こる可能性を常に意識する
  • 予期せぬ事態が起こったときの対策を検討しておく
  • 多様な情報源から情報を収集し、客観的に事態を判断する

恒常性バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、より正確な判断を下し、より良い意思決定ができるようになります。

参考URL:
正常性バイアス(恒常性バイアス)とは 意味/解説 - シマウマ用語集

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5