現在志向バイアスとは、将来得られる大きな利益よりも、目先の小さな利益を優先してしまう人間の心理傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

現在志向バイアスとは、将来得られる大きな利益よりも、目先の小さな利益を優先してしまう人間の心理傾向です。これは、時間的な距離が遠いほど、利益や損失の価値が小さく感じられるという「時間割引」と呼ばれる現象によって起こります。

例えば、1年後に10万円もらえるよりも、今すぐ5万円もらえる方が魅力的に感じてしまう人が多いでしょう。これは、1年後の10万円は現在よりも価値が低く見積もられてしまうためです。

現在志向バイアスは、以下のような様々な場面で現れます。

  • ダイエット:目の前の美味しそうなケーキを我慢できず、ダイエット計画が破綻してしまう。
  • 貯金:将来のために貯金しようと思っても、ついつい欲しいものを買ってしまい、貯蓄が進まない。
  • 仕事:目の前の楽な仕事を選んでしまい、将来につながる重要な仕事を先延ばしにしてしまう。

現在志向バイアスは、個人の性格や価値観、状況によって影響を受けます。また、時間割引の程度は、年齢や文化によっても異なることが研究で示されています。

現在志向バイアスを克服するためには、以下のような方法が有効です。

  • 将来の利益を具体的にイメージする:将来の利益を具体的な数字やイメージで捉えることで、その価値をより大きく感じられるようにする。
  • コミットメントデバイスを利用する:将来の目標を達成するために、自分を縛るような仕組みを作る。
  • 時間的な距離を縮める:将来の目標を短期的な目標に分割することで、より身近なものとして捉える。

現在志向バイアスは、私たちの意思決定に大きな影響を与えます。このバイアスを理解し、克服するための方法を身につけることで、より望ましい未来を実現することができます。

参考URL:
現在志向バイアスとは?採用活動における問題点と対策について解説