優越の錯覚

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

優越の錯覚とは?

優越の錯覚(Dunning-Kruger effect)とは、人々が自己の能力や知識を過大評価し、実際よりも優れていると誤解する現象を指します。この現象は、アメリカの心理学者であるデイビッド・ダニングとジャスティン・クルーガーによって提唱されたことから「ダニング・クルーガー効果」とも呼ばれます。

優越の錯覚は、主に以下のような特徴を持ちます。

自己評価の過大: 優越の錯覚では、人々が自分の能力や知識を実際よりも高く評価します。彼らは自分が他の人よりも優れていると考え、自信に満ちた態度を示す傾向があります。

非能力の無自覚: 優越の錯覚の人々は、自分の無知や不適格さに気づかず、自分がどれほど知識やスキルに欠けているかを正確に判断することができません。彼らは自己の能力を適切に評価するための基準が欠如していると言えます。

逆の傾向: 一方で、実際に優れた知識やスキルを持つ人々は、自分の能力や知識を過小評価する傾向が見られる場合もあります。彼らは自分が他の人よりも劣っていると考え、自信を持てないことがあります。

優越の錯覚は、自己の能力に対する客観的な評価やフィードバックの欠如、情報の不足、自己防衛のメカニズムなどが影響を与えると考えられています。この現象は、特に初心者や未熟な人々に見られやすく、経験と学習を通じて自己評価が修正されることが多いです。

優越の錯覚は、個人の能力や知識の評価において注意が必要であり、自己の限界や不足を認識することが重要です。また、他人の意見やフィードバックを受け入れることで、より客観的な視点を得ることができます。

https://makitani.net/shimauma/illusory-superiority

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5