フラッシュラグ効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フラッシュラグ効果とは?

フラッシュラグ効果(Flash-lag effect)は、視覚的な現象の一つであり、物体の運動や位置に関する知覚の遅れを指します。この効果により、物体が運動しているにもかかわらず、私たちはそれを静止しているものよりも遅れているように知覚する傾向があります。

フラッシュラグ効果は、物体の動きと視覚情報の処理の遅れという相対的なタイミングのずれによって引き起こされます。一般的な実験的な設定では、運動している物体と静止している物体が同時に点滅すると、運動している物体は静止している物体よりも視覚的に遅れているように知覚されます。

この効果は、運動の速度や物体の輪郭の鮮明さ、背景の刺激などにも影響を受けることが知られています。フラッシュラグ効果は、視覚システムの情報処理における遅延や解釈の過程に関連していると考えられています。具体的なメカニズムはまだ完全に解明されていませんが、視覚的な情報処理の時間的な特性に起因するものとされています。

フラッシュラグ効果は、時間知覚や視覚的な錯覚に関する研究で広く使用されています。また、運動物体の位置や速度の知覚における我々の知覚の限界や認識の仕組みについて理解するためのモデルとしても利用されています。

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2019/pr20190307/pr20190307.html