「みたいな」が口癖の人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「みたいな」は、何かを説明する際に、具体的な言葉を使わずに、漠然と表現する際によく使われる言葉です。そのため、「みたいな」が口癖の人の心理としては、以下のようなことが考えられます。

自分の考えを表現するのが苦手

「みたいな」を使うことで、具体的な言葉に詰まることなく、自分の考えを表現することができます。そのため、自分の考えを表現するのが苦手な人や、自分の考えを人に伝えることに自信がない人が「みたいな」を多用する傾向があります。

相手に理解してもらいたい

「みたいな」を使うことで、相手に自分の考えを理解してもらいやすくすることができます。そのため、相手に自分の考えを理解してもらいたいと思っている人が「みたいな」を多用する傾向があります。

柔軟で、自分の意見を押し付けたくない

「みたいな」を使うことで、自分の意見を押し付けずに、あくまでも可能性として相手に伝えることができます。そのため、柔軟で、自分の意見を押し付けたくない人が「みたいな」を多用する傾向があります。

具体的には、以下のような使い方をする人が該当します。

  • 「なんか、あの、みたいな感じ」のように、話の途中で言葉に詰まって、言い換えるときに使う。
  • 「彼は、みたいな人」のように、相手の特徴を説明するときに使う。
  • 「あの映画は、みたいな話」のように、映画やドラマなどの内容を説明するときに使う。

また、「みたいな」は、ネガティブな意味合いで使われる場合もあります。例えば、以下のような使い方をする人が該当します。

  • 「私なんか」のように、自分を卑下するときに使う。
  • 「その服、なんかダサい」のように、何かを否定するときに使う。

このように、「みたいな」は、使い方によって、その人の心理や性格が見えてくる言葉です。

参考URL:
「みたいな」が口癖になっている人の心理や性格

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5