脳地図

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

脳地図とは、脳の様々な解剖面に沿った断面画像を連続的に張り合わせて作った地図です。健康な脳や病気の脳、成熟した脳や発展途上の脳、動物の脳や人間の脳の地図があります。それぞれの脳の輪郭や体積は地図上の座標系にマッピングされます。脳地図は脳機能マッピングの画像データを、切れ目なく包括的に地図の形に再構成したものである。

脳地図は、脳の機能を理解するために重要なツールです。脳地図を用いることで、脳のどの部分がどのような機能を担っているのかを明らかにすることができます。例えば、ブロードマンの脳地図は、大脳皮質の神経細胞の密度や層構造の違いに基づいて、脳を52の領域に区分しています。この区分は、脳の機能と密接に関連していることが知られています。例えば、ブロードマン4野は一次運動野と呼ばれ、体の動きを制御する領域です。また、ブロードマン17野は一次視覚野と呼ばれ、視覚情報を処理する領域です。

脳地図は、脳科学の研究だけでなく、臨床医療においても重要な役割を果たしています。脳損傷や脳疾患の診断や治療に脳地図が活用されています。例えば、脳卒中患者の脳損傷部位を特定するために、脳地図を用いた画像検査が行われます。また、脳腫瘍や認知症などの脳疾患の治療法の開発にも、脳地図が活用されています。

近年、脳地図の作成技術は急速に進歩しています。高解像度の画像検査技術や、脳機能マッピング技術の開発により、より精度の高い脳地図が作成できるようになってきました。また、脳地図の活用範囲も広がりつつあります。例えば、脳地図を用いた人工知能の開発や、脳の創発的な活動の解明などが進められています。

脳地図は、脳科学の進歩に欠かせないツールです。今後も脳地図の研究開発が進むことで、脳の機能や病態の理解が深まり、脳疾患の治療や予防につながることが期待されています。

ブロードマンの脳地図とは?

ブロードマンの脳地図は、ドイツの神経解剖学者、ブロードマンによって作成された脳地図です。ブロードマンは、大脳皮質の神経細胞の密度や層構造の違いに基づいて、脳を52の領域に区分しました。この区分は、脳の機能と密接に関連していることが知られています。

ブロードマンの脳地図は、脳科学の研究において重要な役割を果たしてきました。脳の機能と脳の構造との関連を理解する上で、欠かせないツールとなっています。

脳のどこで考えているのか?

脳の思考の中心は、前頭葉です。前頭葉は、思考、判断、意思決定、計画、実行などの機能を担っています。また、感情や行動のコントロールも行っています。

前頭葉は、大脳の一番前にある部分です。前頭葉の前半部は、思考や判断などの高次の認知機能を担っています。また、前頭葉の後半部は、感情や行動のコントロールを担っています。

脳の思考は、前頭葉の様々な部位が協調して働くことで実現されています。

https://pathologycenter.jp/als/neuroanatomy/neuroanatomy6.html