トムソーヤのペンキ塗り

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

トムソーヤのペンキ塗りとは?

「トムソーヤのペンキ塗り」とは、アメリカの作家マーク・トウェインの小説『トム・ソーヤの冒険』(The Adventures of Tom Sawyer)に登場するエピソードを指しています。

このエピソードでは、物語の主人公である少年トム・ソーヤが退屈な夏の日に友達のハックと一緒にペンキ塗りの仕事をさせられます。トムはペンキ塗りをするのが嫌で、代わりに他の子供たちを騙して自分たちにやらせることを考え出します。トムはペンキ塗りを楽しい仕事と見せかけるため、上手に魅力的な話術を使いながら、他の子供たちを巧妙にペンキ塗りをさせてしまいます。

このエピソードは、トム・ソーヤの創造力や冒険心を反映しており、子供たちの無邪気さや想像力を描いています。また、トムが他の子供たちを巧妙に騙す様子は、少年のいたずら心や賢さを表現しています。

「トムソーヤのペンキ塗り」というフレーズは、この小説のエピソードから派生したもので、労苦を避けながら他人に仕事をさせる様子や、巧妙な話術や説得力を使って他人を騙すことを指す隠喩的な表現としても使われることがあります。

https://chikyumura.org/2011/01/post-550.html