試行錯誤学習

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

試行錯誤学習とは、様々な問題解決行動を試す過程で、学習が成立することです。アメリカの心理学者であるエドワード・ソーンダイクが提唱した概念です。

ソーンダイクは、猫の問題箱の実験で、猫が問題箱から脱出するために、様々な行動を試み、結果として問題解決に至ることを観察しました。この実験から、ソーンダイクは、試行錯誤学習は、刺激と反応の連合によって成立するという「効果の法則」を提唱しました。

効果の法則とは、問題解決につながる行動は、報酬によって強化され、問題解決につながらない行動は、罰によって弱められていくという法則です。

試行錯誤学習は、動物だけでなく、人間にも見られる学習の基本的な形です。例えば、子供が歩き方を覚えるとき、最初は転びながらも、何度も試行錯誤を繰り返すことで、歩けるようになるという例があります。

試行錯誤学習は、時間と労力を要する一方で、幅広い問題解決に適用できる学習方法です。

試行錯誤学習と洞察学習の違いは、試行錯誤学習では、問題解決につながる行動を偶然発見するまで、様々な行動を試す必要があるのに対し、洞察学習では、問題解決のヒントを見いだすことで、すぐに問題解決に至るという点です。

https://psychologist.x0.com/terms/115.html