ウェイソン選択課題

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ウェイソン選択課題とは、1966年に心理学者のピーター・カスカート・ウェイソンによって考案された、演繹的推論を測定する課題です。

この課題では、被験者に、表裏に数字と色が書かれたカード4枚の表が示されます。被験者は、これらのカードのうち、ルールに違反しているかどうかを確認するために、裏返すべきカードを2枚選ぶよう指示されます。

ルールは、次のとおりです。

上記のルールに従っているカードは存在する。

正解は、数字が7であるカードと、色が赤であるカードです。

この課題は、被験者の約70%が正解できないという結果が出ています。これは、人間が演繹的推論を苦手とする傾向があることを示しています。

ウェイソン選択課題の正解率が低い理由は、以下の2つが考えられます。

確証バイアス
確証バイアスとは、自分の仮説を裏付ける情報を探し、反証する情報を無視する傾向のことです。ウェイソン選択課題では、多くの被験者が、ルールに違反しているカードとして、数字が7であるカードと、色が赤ではないカードを選びます。これは、ルールに違反しているカードは、数字が7であるカードか、色が赤ではないカードであるという、確証バイアスによるものです。

マッチングバイアス
マッチングバイアスとは、現時点で知っている情報と一致する情報を探し、一致しない情報を無視する傾向のことです。ウェイソン選択課題では、多くの被験者が、表に数字が7であるカードと、色が赤であるカードを選びます。これは、表に数字が7であるカードと、色が赤であるカードは、すでに知っている情報であるという、マッチングバイアスによるものです。

ウェイソン選択課題は、人間の演繹的推論の限界を示す課題として、認知心理学において重要な役割を果たしています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E9%81%B8%E6%8A%9E%E8%AA%B2%E9%A1%8C