ラテラル・シンキング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラテラル・シンキングとは?

ラテラルシンキング(英: lateral thinking)は、創造性や問題解決の手法の一つです。この手法は、従来の直線的な思考パターンにとらわれず、新たなアイデアや視点を生み出すために非伝統的なアプローチを用いることを目指します。

ラテラルシンキングは、通常の直線的な思考(垂直思考)と対比される概念です。垂直思考では、問題解決や意思決定を直線的な一方向に進めることが主眼とされますが、ラテラルシンキングでは、問題をさまざまな視点から捉え、異なるアイデアや解決策を見つけ出すことが重視されます。

ラテラルシンキングの手法には、以下のような特徴があります:

アナロジーの利用: 異なる領域や分野の情報やアイデアを組み合わせ、新たな視点を生み出します。
仮説の提案: 問題解決の過程で様々な仮説を立て、それぞれを検証しながら解決策を導き出します。
逆説的な思考: 常識や既成の概念に挑戦し、逆の視点から問題を考えます。
ブレインストーミング: 自由な発想を促し、多様な意見やアイデアを集めます。
ラテラルシンキングは、創造性の促進や問題解決能力の向上に役立ちます。従来の思考パターンに囚われず、柔軟な発想を持つことで、新たな視点や革新的な解決策を見つけ出すことが可能になります。特に、複雑な問題や困難な状況に直面した際に、ラテラルシンキングは有用な手法として活用されます。

https://www.kaonavi.jp/dictionary/lateral-thinking/