バーナードの組織の3要素

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

バーナードの組織の3要素とは?

バーナード(Chester I. Barnard)の組織理論において、彼が提唱した組織の3要素は以下のとおりです:

目的(Purpose):組織の存在意義や目標を指します。目的は組織の活動の中心となるものであり、メンバーの行動や取り組みを統一するための指針となります。組織の目的は明確に定義され、共有されるべきです。

効率的なコミュニケーション(Efficient Communication):組織内での円滑な情報共有と意思疎通を指します。効率的なコミュニケーションは、組織内のメンバー間や組織と外部の関係者間での情報の伝達や受け取りが円滑に行われることを意味します。組織内の情報共有とコミュニケーションは、意思決定や協力のための重要な要素です。

組織内の人々(People within the Organization):組織を形成する個々のメンバーを指します。組織内の人々は、目的を達成するために協力し、役割や責任を果たすことが求められます。バーナードは、組織内の人々が自発的な意思決定や貢献を行うためには、組織がメンバーの個人的なニーズや動機を満たすことが重要だと考えました。

これらの要素は、バーナードが組織の効率性と効果性を向上させるために必要な要素として強調しています。彼の組織理論は、組織が目的達成に向けてメンバーの協力を得るためには、明確な目的設定、円滑なコミュニケーション、そしてメンバーのニーズの満たし合わせが重要であると主張しています。

https://www.recruit-ms.co.jp/glossary/dtl/0000000152/