生得性仮説は、人間は生まれながらに言語能力を備えているという仮説

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

生得性仮説は、人間は生まれながらに言語能力を備えているという仮説です。つまり、言語は経験を通して学習するのではなく、遺伝的に受け継がれているという考え方です。

この仮説を支持する主な理由は以下の3つです。

刺激の貧困

乳幼児は、言語習得に必要な十分な言語刺激を受けていないにもかかわらず、驚くほど速く言語を習得します。このことから、言語習得には生得的な能力が働いていると考えられます。

臨界期

言語習得には、ある特定の時期(臨界期)を過ぎると、習得が難しくなるという現象があります。これは、生得的な言語能力が、その時期までに発現しなければ、その後は機能しなくなることを示唆しています。

言語発達順序の普遍性

世界のどの言語でも、乳幼児は同じような順序で言語能力を発達させていきます。これは、言語習得が普遍的な生得的なプログラムに基づいていることを示唆しています。

生得性仮説は、言語習得のメカニズムを理解する上で重要な仮説です。しかし、言語能力がどの程度生得的なものなのか、どの程度後天的な経験によって影響を受けるのかについては、まだ多くの議論があります。

生得性仮説の代表的な主張者

生得性仮説の代表的な主張者としては、アメリカの言語学者ノーム・チョムスキーが挙げられます。チョムスキーは、人間は生まれながらに普遍文法と呼ばれる言語能力を備えていると主張しました。普遍文法とは、すべての言語に共通する文法規則の体系です。

チョムスキーの主張は、言語学だけでなく、心理学、哲学など様々な分野に大きな影響を与えました。

生得性仮説に対する批判

生得性仮説に対しては、以下のような批判もあります。

  • 生得的な言語能力の存在を直接証明する方法は存在しない。
  • 言語習得は、生得的な能力だけでなく、後天的な経験によっても大きく影響を受ける。
  • 普遍文法の存在は、まだ十分に証明されていない。

生得性仮説の現状

生得性仮説は、言語習得のメカニズムを理解する上で重要な仮説ですが、依然として多くの議論があります。今後の研究によって、生得的な言語能力の性質や役割がさらに明らかになることが期待されます。

参考URL:
生得性仮説 - Wikipedia