フラーリッシング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フラーリッシングは、文字の終わりに装飾を加える手法です。文字の線を延長したり、カーブさせたり、渦巻き状にしたりして、文字をより美しく華やかにします。

フラーリッシングは、中世ヨーロッパで盛んになりました。当時は、手紙や書籍の装飾として使われていました。現代では、カリグラフィーやアートとして楽しまれており、さまざまなスタイルのフラーリッシングが存在します。

フラーリッシングの基本は、筆記具の持ち方と腕の運びです。ポインテッドペンという、先端が尖った金属製のペン先を使います。ペン先を紙に押し付ける強弱で、細い線と太い線を表現します。

フラーリッシングを学ぶには、基本的な持ち方と腕の運びを身につけることが大切です。その後、さまざまなスタイルのフラーリッシングを練習していくとよいでしょう。

フラーリッシングは、集中力や創造力を高める効果があるといわれています。また、文字を書く楽しさや喜びを味わうことができます。

https://www.pinterest.jp/shiochan1/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0/