マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を5つの階層に分類した理論

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を5つの階層に分類した理論で、最下層の生理的欲求から順番に上に向かって満たされることで、最終的に自己実現に至る理論。

マズローの欲求5段階説は、アメリカの心理学者であるアブラハム・ハロルド・マズローがの提唱しました。

マズローの欲求5段階説の内容

マズローが提唱する5段階の欲求の内容は、以下のとおりです。

生理的欲求

空腹、渇き、睡眠、性欲など、生命を維持するために必要な欲求です。

安全の欲求

身体的・心理的な安全を求める欲求です。具体的には、健康、財産、職業、家族、社会保障などが挙げられます。

社会的欲求

愛情、所属、帰属感を求める欲求です。具体的には、友人、家族、恋人、職場などが挙げられます。

承認欲求

尊敬、地位、名声を求める欲求です。具体的には、他人からの承認、評価、賞賛などが挙げられます。

自己実現の欲求

自分の可能性を最大限に発揮したいという欲求です。具体的には、自分の目標や夢を達成すること、創造性を発揮することなどが挙げられます。

参考URL:
マズローの欲求階層説 | 用語解説 | 野村総合研究所(NRI)

マズローの欲求5段階説の特徴

低次の欲求が満たされると、次の段階の欲求が現れる

マズローの法則では、人間は低次の欲求が満たされると、次の段階の欲求を求めるようになるとされています。

ピラミッド状の構造になっている

マズローの法則では、5段階の欲求はピラミッド状の構造になっています。つまり、低次の欲求が満たされないと、次の段階の欲求を満たすことは難しいと考えられています。

絶対的なものではなく、相対的なものである

マズローの法則は、あくまでも一般的な傾向を表したものであり、絶対的なものでないことに注意が必要です。また、個人の価値観や状況によって、欲求の順序や重要度は異なる可能性があります。

参考URL:
「マズローの欲求5段階説」とは?内容やビジネスへの活用例も

マズローの欲求5段階説の活用法

マズローの欲求5段階説は、ビジネスにおいてもさまざまな場面で活用されています。

マーケティング

マズローの欲求5段階説は、顧客のニーズを理解するために活用することができます。例えば、生理的欲求を満たす商品・サービスとしては、食料品や日用品などが挙げられます。安全の欲求を満たす商品・サービスとしては、保険やセキュリティサービスなどが挙げられます。社会的欲求を満たす商品・サービスとしては、ファッションや娯楽などが挙げられます。承認欲求を満たす商品・サービスとしては、高級ブランド品やステータスシンボルなどが挙げられます。自己実現欲求を満たす商品・サービスとしては、教育や資格取得などが挙げられます。

マネジメント

マズローの欲求5段階説は、従業員のモチベーションを高めるために活用することができます。生理的欲求や安全の欲求が満たされていない従業員は、仕事に集中することができず、モチベーションも低下します。そのため、まずはこれらの欲求を満たすための施策を講じることが重要です。社会的欲求や承認欲求が満たされていない従業員は、仕事にやりがいを感じにくく、離職率も高くなります。そのため、これらの欲求を満たすための施策を講じることで、従業員のモチベーションを高め、離職率を低下させることができます。

教育

マズローの欲求5段階説は、教育の目的や方法を検討するために活用することができます。生理的欲求や安全の欲求が満たされていない学生は、学習に集中することができず、学力も向上しません。そのため、まずはこれらの欲求を満たすための教育環境を整えることが重要です。社会的欲求や承認欲求が満たされていない学生は、学習意欲が低下し、学習成果も向上しません。そのため、これらの欲求を満たすための教育方法を検討することが重要です。

自己啓発

マズローの欲求5段階説は、自分の目標や課題を把握するために活用することができます。生理的欲求や安全の欲求が満たされていない人は、自己実現欲求にまで到達することは難しいでしょう。そのため、まずはこれらの欲求を満たすための努力をする必要があります。社会的欲求や承認欲求が満たされていない人は、自己実現欲求に到達することが困難になる可能性があります。そのため、これらの欲求を満たすための努力をすることも重要です。

参考URL:
マズローの欲求5段階説とは?ビジネスでの活用方法について詳しく紹介 | フリーコンサルタント.jp

自己超越欲求とは?

自己超越欲求とは、自分のエゴを超えて他者や社会のことを想う欲求です。マズローの欲求5段階説において、第六階層に位置づけられる欲求です。

自己超越欲求の例としては、以下のような内容が挙げられます。

  • 困っている人を助けるボランティア活動をする
  • 社会問題を解決するための活動をする

自己超越欲求は、自己実現欲求を満たした後に現れる欲求です。自己実現欲求は、自分の能力や可能性を最大限に発揮することを目指す欲求ですが、自己超越欲求は、それを超えて他者や社会に貢献することを目指す欲求です。

参考URL:
マズローの欲求段階説 – 一般社団法人日本経営心理士協会

マズローの欲求5段階説のメリットとデメリット

メリット

  • 人間の欲求を包括的に捉えており、マーケティングや経営などの分野で活用できる
  • 人間の行動を理解する上でのフレームワークとして有効
  • 人間の成長や発達を促すための指針となる

デメリット

  • 階層の順序が必ずしも固定的ではない
  • 個人差や文化差によって欲求の優先順位は異なる
  • 実証研究に基づいていない

具体的なメリット

  • マーケティングでは、顧客の欲求を理解することで、より効果的な商品やサービスの開発やプロモーションにつなげることができる。
  • 経営では、従業員の欲求を満たすことで、モチベーションや生産性の向上につなげることができる。
  • 教育では、生徒の欲求を理解することで、より効果的な学習指導やキャリア教育につなげることができる。

具体的なデメリット

  • 階層の順序が必ずしも固定的ではない。例えば、生理的欲求が満たされているにもかかわらず、社会的欲求を優先する人も少なくない。
  • 個人差や文化差によって欲求の優先順位は異なる。例えば、日本では社会的欲求が比較的重視される傾向にあるが、欧米では自己実現欲求が重視される傾向にある。
  • 実証研究に基づいていない。マズローの法則は、マズロー自身の研究結果に基づいて構築されたものであり、実証研究によってその妥当性が検証されたわけではない。

参考URL:
承認欲求とは?メリット・デメリットや克服するためのポイントを徹底解説 │ 識学×P-UP neo お役立ちコラム

マズローの欲求5段階説の同義語、類義語、関連語、反対語

  • マズローの法則
  • 欲求段階説
  • 欲求階層説
  • 欲求階層論
  • 欲求5段階説