フロイトの潜伏期

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

フロイトの潜伏期とは、男根期(エディプス期)を経て、性器期に移行するまでの時期(約6歳~12歳頃)を指します。この時期は、性的な関心が抑圧され、学業や遊びなど、社会的な適応に力を注ぐ時期です。

フロイトは、人間の発達は5つの段階に分けることができると考えました。潜伏期は、その4番目の段階にあたります。

潜伏期の特徴は、以下のとおりです。

性的な関心が抑圧される
学業や遊びなど、社会的な適応に力を注ぐ
同性の友人関係が重要になる
自我と超自我が形成される
潜伏期は、子どもが社会性を身につけるために重要な時期です。この時期に、社会のルールや規範を学び、同性の友人関係を築くことで、社会の中で生きていくための土台が形成されます。

また、潜伏期には、自我と超自我が形成されます。自我は、イドと超自我のバランスをとる役割を担います。超自我は、両親や社会から受けた規範や道徳を内面化したものです。

潜伏期の経験は、子どものその後の発達に大きな影響を与えます。この時期に、適切な愛情や関心を受けることで、子どもは健全な自我と超自我を形成することができます。しかし、逆に、この時期に不適切な経験をすると、子どもは神経症や人格障害などのリスクが高まると考えられています。

以下に、潜伏期の子どもの特徴を具体的に挙げます。

性的な関心が抑圧される
この時期の子どもは、性的な関心を抑圧し、学業や遊びなどに集中します。

学業や遊びなど、社会的な適応に力を注ぐ
この時期の子どもは、学業や遊びなど、社会的な適応に力を注ぎます。また、同性の友人関係が重要になります。

自我と超自我が形成される
この時期には、自我と超自我が形成されます。自我は、イドと超自我のバランスをとる役割を担います。超自我は、両親や社会から受けた規範や道徳を内面化したものです。

潜伏期は、子どもが社会性を身につけるために重要な時期です。この時期に、子どもが適切な愛情や関心を受けることで、健全な自我と超自我を形成することができます。

https://saikolodsm.com/freuds-psychosexual-development/