性格検査

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

性格検査とは、個人の性格を評価・診断するための方法として用いられるものです。心理学研究で、性格を分類して個人間の比較を行うために生まれたもので、性格の良し悪しではなく『どんな性格か』を分類することを目的としたものです。

性格検査には、主に以下の3つの方法があります。

質問紙法
観察法
実験法
質問紙法は、被験者が質問紙に答えることで性格を評価する方法です。質問紙は、性格を構成する要素を測定するための項目で構成されており、被験者はそれぞれの項目に対して「はい」または「いいえ」などの回答をします。回答結果は、統計処理によって性格の特徴を明らかにします。

観察法は、被験者の行動や言動を観察することで性格を評価する方法です。観察は、面接やグループワークなどを通じて行われ、被験者の行動や言動から、性格の特徴を推測します。

実験法は、被験者に課題を課し、その反応から性格を評価する方法です。実験は、性格の特徴と関連する課題を与えることで、被験者の反応を観察し、性格の特徴を明らかにします。

性格検査は、採用選考や人材育成、カウンセリングなど、さまざまな場面で用いられています。採用選考では、応募者の人物面を評価し、自社に合った人材かどうかを判断するために用いられます。人材育成では、従業員の性格を理解し、適切な指導や育成を行うために用いられます。カウンセリングでは、患者の性格を理解し、適切な治療を行うために用いられます。

性格検査は、個人の性格を客観的に評価する有効な手段です。しかし、性格検査はあくまでも一つの指標であり、性格のすべてを把握するものではありません。性格検査の結果は、面接や他の評価方法の結果などと併せて、総合的に判断することが重要です。

https://www.recruit-ms.co.jp/freshers/spi-002.html