シンボリック相互作用論

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

シンボリック相互作用論とは、1960年代初頭にアメリカの社会学者H・G・ブルーマーが提唱した、社会学的・社会心理学的パースペクティブの1つです。人間間の社会的相互作用、特にシンボリックな相互作用を主たる研究対象とし、そうした現象を「行為者の観点」から明らかにしようとするものである。

シンボリック相互作用論の基本的な前提は、次のとおりです。

人間は、社会的な存在である。
人間は、他者との関係の中で、自己を形成する。
人間は、他者との関係の中で、意味を創造する。
シンボリック相互作用論は、人間の行動は、その人の内面的な性質や心理によって決定されるのではなく、他者との関係の中で、相互に意味づけられた行動によって構成されるという考え方です。

例えば、ある人が手を振ったとき、その行為には、挨拶、応答、感謝など、さまざまな意味があります。その人の行動がどのような意味を持つかは、その人の内面的な性質や心理ではなく、その人が他者との関係の中で、どのような意味づけをしているかに依存します。

シンボリック相互作用論は、社会学だけでなく、社会心理学、コミュニケーション学、教育学、臨床心理学など、さまざまな分野に影響を与えています。

シンボリック相互作用論の具体的な研究対象としては、次のようなものが挙げられます。

人間の日常生活における相互作用
コミュニケーションの過程
自己の形成
集団の形成と維持
社会規範の形成
シンボリック相互作用論は、人間の行動を理解するための重要な理論です。この理論によって、人間の行動を、その人の内面的な性質や心理だけでなく、他者との関係の中で、どのように意味づけられているかによって理解することができます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8%E8%AB%96

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5