マンデラ効果とは、事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有している現象を指すインターネットスラング、およびその原因を超常現象や陰謀論として解釈する都市伝説の総称

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

マンデラ効果とは、事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有している現象を指すインターネットスラング、およびその原因を超常現象や陰謀論として解釈する都市伝説の総称です。

マンデラ効果の名称は、南アフリカ共和国の政治家ネルソン・マンデラ氏の死に関する記憶の誤認から来ています。マンデラ氏は1994年から1999年まで南アフリカ共和国の大統領を務め、2013年に95歳で死去しました。しかし、一部の人々は、マンデラ氏は1980年代に獄中死したと記憶しています。

マンデラ効果は、2010年代にインターネット上で広く知られるようになりました。そのきっかけとなったのは、イギリスの心理学者エリオット・メイヤーズ氏が、2010年に「マンデラ効果」という用語を初めて使ったことです。

マンデラ効果の原因は、現在のところは完全には解明されていません。しかし、以下のようなものが原因として考えられます。

  • 記憶の誤認
    人間の記憶は、常に変化し、誤認が生じることがあります。マンデラ効果は、そのような記憶の誤認によって引き起こされていると考えられます。

  • 集団心理
    ある人が発した記憶の誤認が、他の人に伝染し、共有されることがあります。マンデラ効果は、このような集団心理によって引き起こされていると考えられます。

  • 超常現象や陰謀論
    一部の人々は、マンデラ効果を超常現象や陰謀論によって引き起こされたものと解釈しています。しかし、そのような解釈には、科学的な根拠がありません。

マンデラ効果は、人々の記憶や社会心理学に関する興味深い現象です。今後も、マンデラ効果の原因やメカニズムに関する研究が進んでいくでしょう。

参考URL:
マンデラ効果とは - わかりやすく解説 Weblio辞書

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5