パウリ効果とは、機械装置・電子装置を問わず、ある人物がその装置に触れただけで、あるいは近くに寄っただけで不可解な壊れ方をした場合、その人物が「装置にパウリ効果を及ぼした」と言うようになった現象

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

パウリ効果とは、機械装置・電子装置を問わず、ある人物がその装置に触れただけで、あるいは近くに寄っただけで不可解な壊れ方をした場合、その人物が「装置にパウリ効果を及ぼした」と言うようになった現象です。

この効果は、物理学界における古典的なジョークの一つであり、理論物理学者ヴォルフガング・パウリに関する逸話に基づいて造られました。パウリは、実験が不得手で、機材をよく壊していたと言われています。

パウリ効果の原因は、確率論的に説明されると考えられています。機械装置や電子装置は、常に故障のリスクを抱えています。その際、パウリがその装置に近づくと、その故障が偶然にも発生する可能性が高くなると考えられます。

また、パウリ効果は、心理的な要因によっても説明される可能性があります。パウリが機械装置を壊すというイメージが広まっていることにより、パウリが近づくと、装置が壊れやすくなるという思い込みが働く可能性があります。

パウリ効果は、実際に科学的に実証されたわけではありません。しかし、機械装置や電子装置の故障は、常に起こりうるリスクであり、パウリ効果が起こる可能性もゼロではありません。

参考URL:
パウリ効果 – Wikipedia