承認欲求

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

承認欲求とは?

承認欲求(Need for approval)は、心理学の概念の一つであり、他者からの承認や評価を求める内的な欲求を指します。これは、他人からの肯定や賞賛を受けることによって自己価値を感じ、所属や受け入れられた感覚を得ることを望む傾向です。

承認欲求は、社会的存在である人間にとって自然な欲求であり、他者との関係や社会的な結びつきの中で重要な役割を果たします。多くの人は、他人の認知や評価に基づいて自己肯定感や自己価値を形成し、それを満たすことで幸福感や満足感を得ることがあります。

承認欲求の度合いや影響は個人によって異なります。一部の人は、他人の承認を強く求める傾向があり、他者の意見や期待に従って行動することが多いです。他の人は、自己肯定感や内部基準に基づいて行動する傾向があり、外部の評価に依存しない場合もあります。

承認欲求は、社会的な相互作用や関係、組織の文化などさまざまな要因によって影響を受けます。承認欲求が過度に強い場合、他人の意見や期待に合わせるために自己のニーズや価値を犠牲にすることがあります。逆に、承認欲求が弱い場合、他人からの評価や関心に無関心であり、孤立感や孤独感を抱くことがあります。

健康的な承認欲求は、他人との関係を築き、共感や支援を受けることで個人の幸福感や心理的な健康に寄与します。ただし、自己の価値や目標に基づいた内的な自己承認も重要です。バランスの取れた承認欲求は、個人の成長や発展を促し、より充実した人間関係を築くことにつながります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E8%AA%8D%E6%AC%B2%E6%B1%82