ジーン・ディクソン効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ジーン・ディクソン効果とは?

ジーン・ディクソン効果(Jeane Dixon Effect)は、超常現象研究や予知の分野で使われる用語です。ジーン・ディクソンは、20世紀のアメリカの占星術師であり、超能力者としても知られていました。彼女は多くの予言を行い、一部は的中したとされています。

ジーン・ディクソン効果は、占い師や予言者が時折的中させる予測のうち、実際にはランダムな結果であるにもかかわらず、人々がそれを的中とみなす傾向を指します。つまり、占いや予言に対しての人々の錯覚やバイアスのことを指しています。

この効果は、いくつかの要因によって生じる可能性があります。一つは、「後知恵のバイアス」と呼ばれる心理的な現象です。的中した予測には注目が集まり、それに対応する事象を強く印象づけられるため、的中しなかった予測を忘れたり無視したりする傾向があります。

また、一部の予言や占いは非常に一般的で曖昧な内容であり、解釈次第で様々な事象に当てはまる可能性があります。人々は自身の経験や望みに基づいて予言を解釈し、それを的中とみなす傾向があります。

ジーン・ディクソン効果は、超常現象や予知に対する人々の信念や錯覚を理解するために研究されることがあります。科学的な観点からは、予知や占いは統計的に有意な的中率を示すことができないとされています。しかし、人々の信仰や興味の対象として、予言や占いは広く受け入れられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5