民族心理学

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

民族心理学とは、特定の民族や文化に特有の心理を研究する心理学の分野です。民族の歴史や文化、伝統、習慣、言語、宗教、芸術などの要素を分析することで、その民族の精神や価値観、行動様式を理解することを目指しています。

民族心理学は、19世紀にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントによって提唱されました。ヴントは、個人の心理は社会や文化によって形成されると考えており、民族心理学は、個人の心理を理解する上で不可欠な学問であると主張しました。

民族心理学は、その後、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカなどの国々で発展してきました。日本では、桑田芳蔵や島薗進などの学者が、民族心理学の研究に取り組んでいます。

民族心理学は、民族間の理解と交流を促進する上で重要な役割を果たしています。また、異文化理解や異文化コミュニケーションの研究にも応用されています。

民族心理学の研究方法は、民族誌的な方法と心理学的方法の2つに大きく分けられます。民族誌的な方法は、民族の歴史や文化、伝統、習慣、言語、宗教、芸術などの資料を収集・分析する方法です。心理学的方法は、民族の心理を測定・分析する方法です。

民族心理学の研究対象は、民族の歴史や文化、伝統、習慣、言語、宗教、芸術などの要素のほか、民族の精神や価値観、行動様式、コミュニケーション様式、グループダイナミクスなど多岐にわたります。

民族心理学の研究成果は、民族の心理を理解するだけでなく、教育、福祉、ビジネス、国際関係などの分野で活用されています。

https://kotobank.jp/word/%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-140120

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5