服従の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

服従の心理とは、権力や権威を持つ対象からの命令や指示に従うことです。自分の意志でそうしたいと思って行動するのではないため、時に意に反した行動を強制的にとらされることになります。権力や権威を持つ対象から命令を受けると、その人が普段なら絶対にしないような冷酷な行動もとってしまうことがあります。

服従の心理が働く理由としては、以下のようなものが挙げられます。

権威への信頼:権威や権威を持つ人物を信頼していると、その人物の命令に従う可能性が高くなります。
責任転嫁:権威から命令を受けた場合、自分の責任は権威にあると考えることで、責任を感じずに行動することができます。
集団心理:集団の中では、個々の考えや行動が抑圧され、周囲に同調する傾向があります。
服従の心理は、私たちの日常生活においてもさまざまな場面で働いています。例えば、上司の命令に従ったり、法律や規則を守ったりすることは、服従の心理に基づく行動といえます。また、戦争やテロなどの際に、一般市民が暴力や残虐行為に加担してしまうことも、服従の心理が働いた結果だと考えられます。

服従の心理は、私たちの行動に大きな影響を与える力を持っています。しかし、服従の心理に盲目的に従ってしまうと、ときには重大な結果を招くこともあります。そのため、服従の心理が働いたとき、自分の行動を冷静に振り返り、本当に正しいのか判断することが重要です。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%8D%E5%BE%93%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86-%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0/dp/430946369X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です