ブルーナー

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ブルーナーとは、アメリカ合衆国の心理学者、教育学者です。1915年10月1日にニューヨーク市で生まれ、2016年6月5日に同地で亡くなりました。

ブルーナーは、認知心理学と教育学の両分野で大きな影響を与えた人物です。

認知心理学において、ブルーナーは、知覚、学習、言語習得、ナラティブなどの幅広い研究を通じて、主体的な認知活動、社会や文化との相互交渉を重んじた発達・教育理論を展開しました。

教育学において、ブルーナーは、発見学習を提唱しました。発見学習とは、子どもが自ら問題を発見し、解決していく過程を通して学習する方法です。ブルーナーは、発見学習によって、子どもの主体的な学習意欲を高め、自立した人間を育成することができると考えました。

ブルーナーの代表著書には、以下のようなものがあります。

『教育の過程』(1961年)
『認知の心理学』(1966年)
『文化としての教育』(1971年)
ブルーナーの業績は、世界中の教育現場に大きな影響を与えました。日本でも、ブルーナーの教育理論は、1960年代から1970年代にかけて、教育改革に大きな影響を与えました。

https://www.google.com/search?q=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&rlz=1C1QABZ_jaJP905JP905&oq=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC&aqs=chrome..69i57.468j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5