リスキー・シフト

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

リスキー・シフトとは、集団で意思決定を行う際に、個人よりも危険な選択肢を選びやすくなる現象です。

集団で意思決定を行う場合、個々人の責任は薄くなり、また、他の人の意見に同調する傾向が強くなります。そのため、当初はリスクを避けていた人も、集団の中で議論を重ねていくうちに、徐々にリスクをとる方向に傾くことがあります。

リスキー・シフトの具体例としては、以下が挙げられます。

赤信号をみんなで渡れば怖くない
投資のリスクを軽く見積もりすぎる
戦争への参加を決める
リスキー・シフトは、集団で意思決定を行う際には注意すべき現象です。集団で意思決定を行う際は、以下のような点に注意することで、リスキー・シフトを回避することができます。

個人の意見を尊重する
多様な意見を積極的に聞く
リスクを慎重に検討する
リスキー・シフトは、個人の意思決定にも影響を与える可能性があります。集団で意思決定を行うときだけでなく、個人で判断を下すときも、リスキー・シフトを意識して、慎重に判断することが大切です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88