目撃証言の信憑性

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

目撃証言の信憑性とは?

目撃証言の信憑性(Credibility of Eyewitness Testimony)とは、目撃者が提供する証言の信頼性や正確性を評価するための要素や考慮すべき要点を指します。目撃証言は、刑事司法や法廷で重要な役割を果たすことがありますが、人間の記憶や知覚は誤りやゆがみを含む可能性があるため、その信憑性を慎重に評価する必要があります。

目撃証言の信憑性に関する要素や考慮すべきポイントは、以下のようなものがあります:

記憶の信頼性: 目撃者の記憶は時間の経過や他の情報の影響を受ける可能性があります。時間が経つにつれて記憶が曖昧になったり、他の情報や人の意見によって操作されたりすることがあります。

視認性と状況: 目撃者が事件や出来事をどれだけ明確に視認できたか、また、状況がどれだけ良好だったかも重要な要素です。視界の制約、照明の状態、物体や人物の距離などが目撃者の視覚的な認識に影響を与える可能性があります。

ストレスや感情の影響: 目撃者が事件や犯罪に関わるストレスや感情的な状態にあった場合、その影響が証言の信憑性に関与する可能性があります。強いストレスや恐怖は、正確な情報の記憶や再現を妨げることがあります。

目撃者の信用性: 目撃者自身の信用性やバイアスも考慮すべき要素です。目撃者の関与や個人的な動機、先入観、証言の一貫性などが、証言の信憑性に影響を与える可能性があります。

これらの要素は、目撃証言の信憑性を評価する際に考慮されますが、目撃証言自体は一つの証拠として扱われるだけでなく、他の証拠や専門家の意見と照らし合わせることが重要です。目撃証言の信憑性を評価するためには、複数の証言や証拠との一貫性や相関関係を確認することが重要です。他の目撃者の証言や物理的な証拠、映像や写真の存在などが、目撃証言の信憑性を裏付けることができます。

さらに、科学的な研究や実験によっても目撃証言の信憑性に関する知見が得られています。例えば、記憶の再現性や影響要因、識別の信頼性に関する研究が行われています。このような知見をもとに、目撃証言の信憑性を評価する際には科学的なアプローチや専門家の意見を参考にすることが重要です。

司法プロセスにおいては、目撃証言の信憑性を評価するために証拠採用の基準や専門家の証言が導入される場合もあります。心理学者や記憶の専門家は、目撃証言の信憑性について助言や評価を行うことがあります。

総合すると、目撃証言の信憑性は複数の要素や情報を総合的に評価する必要があります。目撃者の記憶や状況、ストレスや感情の影響、証言の一貫性や信用性などが考慮され、他の証拠や専門家の意見と照らし合わせながら判断されます。

https://www.uhe.ac.jp/info/psy/180905000881.html