プリフレーム

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

プリフレームとは?

プリフレーム(Pre-framing)は、コミュニケーションやパーソナル開発のコンテキストで使用される概念です。これは、他者の意見や行動を影響するために、あらかじめ特定のフレーム(枠組み)や視点を提示することを指します。プリフレームは、相手の意識や受容度を調整し、特定の情報やメッセージを受け入れやすくするために使用されます。

以下に、プリフレームの例と具体的な使用方法を示します:

コミュニケーションにおけるプリフレーム:会話や議論の際に、事前に特定の視点や意図を伝えることで、相手の受け取り方を調整することができます。例えば、「私はこの問題を解決するためにいくつかのアイデアを共有したいと思いますが、あくまで参考までにお聞きください」というようなフレームを使うことで、相手は自身の意見を保持しながらも、あなたのアイデアを受け入れやすくなるかもしれません。

セールスやマーケティングにおけるプリフレーム:商品やサービスを紹介する際に、あらかじめ特定の価値や利点を強調することで、顧客の意識や期待を調整することができます。例えば、「この製品は高品質で信頼性があり、競合他社と比べて優れた性能を持っています」というように、プリフレームを使って顧客に対して特定の価値を提示することができます。

プリフレームは、相手の認識や態度に影響を与えるため、効果的なコミュニケーションや影響力のあるメッセージングに利用されます。ただし、相手の意識や受容度に対して強制的に影響を与えることではなく、相手の理解や意見を尊重しつつ、コミュニケーションの効果を最大化する手法として使用されます。

https://www.rikcorp.jp/contents/sinri02/