心理的離乳とは、思春期および青年期において、それまで親に依存して生活していた子どもが、家族からの精神的分離、自立を示す概念

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

心理的離乳とは、思春期および青年期において、それまで親に依存して生活していた子どもが、家族からの精神的分離、自立を示す概念です。

思春期および青年期には、生理的・身体的成熟に伴い、それまで親に依存して生活していた子どもが、家族からの自立を試みるようになります。具体的には、以下のような変化が見られます。

  • 親の価値観や考え方に対する反発
  • 親との距離感の変化
  • 友人や恋人など、親以外の他者との関係の深化

心理的離乳は、子どもの成長と発達に伴って自然に起こるものです。しかし、親子関係が良好でない場合や、親の過干渉や過保護などによって、心理的離乳がうまく進まないこともあります。

心理的離乳がうまく進まない場合、子どもは以下のような問題を抱える可能性があります。

  • 親への依存が強すぎる
  • 他者への信頼感や自尊心が低い
  • 対人関係のトラブル

心理的離乳を円滑に進めるためには、親は以下の点に注意することが大切です。

  • 子どもの成長と自立を尊重する
  • 子どもの意見や考えを尊重する
  • 子どもに適度な距離感を保つ

親子関係が良好で、親が子どもの成長をサポートしていれば、心理的離乳は自然に進んでいきます。

参考URL:
心理的離乳 | 心理学用語集サイコタム