コンコード刑務所実験は、1962年にアメリカのマサチューセッツ州コンコードにあるコンコード州刑務所で行われた実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

コンコード刑務所実験は、1962年にアメリカのマサチューセッツ州コンコードにあるコンコード州刑務所で行われた実験です。この実験は、心理学者トマス・アンダーソンによって行われ、シロシビンによって引き起こされる幻覚体験が、囚人の再犯率を低下させるかどうかを検証することを目的としていました。

実験には、32人の囚人が参加しました。被験者は、2つのグループに分けられ、1つのグループにはシロシビンが投与され、もう1つのグループには偽薬が投与されました。シロシビンを投与された被験者は、2時間にわたってグループセラピーを受けました。

実験の結果、シロシビンを投与された被験者の再犯率は、偽薬を投与された被験者の再犯率よりも有意に低いことが明らかになりました。シロシビンを投与された被験者の再犯率は25%であったのに対し、偽薬を投与された被験者の再犯率は64%でした。

この結果は、シロシビンが再犯防止に有効な治療法となる可能性があることを示唆しています。しかし、この実験は比較的小規模なものであり、さらなる研究が必要です。

コンコード刑務所実験は、シロシビンの治療効果を検証した最初の実験の1つです。この実験の結果は、シロシビンがうつ病、アルコール依存症、薬物依存症などの精神疾患の治療に有効である可能性を示唆しています。近年、シロシビンの治療効果に関する研究が進められており、今後、シロシビンは新たな治療法として広く普及する可能性もあります。

参考URL:
コンコード刑務所実験 - Wikipedia