ホワイト効果とは、視覚の錯視の一種であり、同じ明るさの物体でも、周囲の明るさによって、明るく見えたり暗く見えたりする現象

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ホワイト効果とは、視覚の錯視の一種であり、同じ明るさの物体でも、周囲の明るさによって、明るく見えたり暗く見えたりする現象です。

ホワイト効果は、19世紀のイギリスの心理学者、ウィリアム・ホワイトによって発見されました。ホワイトは、同じ明るさの2つの長方形を、暗い背景と明るい背景に配置したとき、暗い背景に配置された長方形の方が明るく見えることを示しました。

ホワイト効果は、以下の2つの要因によって引き起こされると考えられています。

  • 周囲の明るさとの比較:物体の明るさは、周囲の明るさと比較して判断されます。
  • 視覚刺激の強さ:視覚刺激が強いほど、その刺激に注目し、その刺激によって引き起こされる知覚変化が大きくなります。

ホワイト効果は、さまざまな場面で確認されています。例えば、

  • ファッション:白い服を着ると、肌が明るく見えるように感じられます。
  • 美術:暗い背景に配置された絵画は、明るい背景に配置された絵画よりも、より鮮やかに見えることがあります。
  • デザイン:暗い背景に配置された文字は、明るい背景に配置された文字よりも、より読みやすく見えることがあります。

ホワイト効果は、人間の視覚の特徴に基づく現象であるため、さまざまな場面で活用することができます。

参考URL:
ホワイト効果とは - わかりやすく解説 Weblio辞書

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5