群衆心理とは、群集の中に生まれる特殊な心理状態のことです。個人では決して起こらないような、衝動的で興奮性の高い行動や、非合理的な判断を下す傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

群衆心理とは、群集の中に生まれる特殊な心理状態のことです。個人では決して起こらないような、衝動的で興奮性の高い行動や、非合理的な判断を下す傾向があります。

群衆心理の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 非合理性:群衆の中では、個人の理性や判断力が低下し、非合理的な行動を起こしやすくなります。
  • 精神的同質性:群衆の中では、個人の価値観や感情が同質化され、集団として一枚岩のような行動をとるようになります。
  • 感情性:群衆の中では、感情が昂ぶり、衝動的な行動を起こしやすくなります。
  • 匿名性:群衆の中では、個人の責任感が薄れ、匿名性の中で行動しやすくなります。
  • 無責任性:群衆の中では、個人の責任感が薄れ、無責任な行動を起こしやすくなります。
  • 被暗示性:群衆の中では、他者の影響を受けやすく、暗示にかかりやすいようになります。

群衆心理は、歴史上さまざまな場面で人々の行動に影響を及ぼしてきました。例えば、フランス革命やナチスドイツの台頭など、群衆心理が暴力や破壊的な行動につながった例も少なくありません。

群衆心理は、個人の心理状態とは異なる次元の現象です。しかし、群衆心理の特徴を理解することで、群衆の行動を予測し、適切な対応をとることが可能になります。

群衆心理をコントロールするためには、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 群衆に個人の責任感を持たせる
  • 群衆の感情をコントロールする
  • 群衆の暗示にかかりやすい状況を避ける

これらの点を意識することで、群衆心理による被害を最小限に抑えることができます。

参考URL:
群集心理(ぐんしゅうしんり)とは? 意味や使い方 - コトバンク