社会情動的選択性理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

社会情動的選択性理論とは?

社会情動的選択性理論(Selective Exposure Theory of Social Emotion)は、メディアの情報選択性に関する理論の一つです。この理論によれば、人々は自身の既存の感情や信念に合致する情報を選択的に受け入れる傾向があるとされています。

社会情動的選択性理論は、以下の主な仮定に基づいています:

感情的な選択性: 人々は、自身の感情や情緒的な状態に合致する情報を選好する傾向があります。例えば、好意的な感情を持っている政治的な派閥の情報に関心を示し、反対意見や批判的な情報を避けることがあります。

認知的な選択性: 人々は、自身の既存の信念や認知的な構造に合致する情報を選択的に選ぶ傾向があります。自己確認バイアス(confirmation bias)と関連しており、自身の信念を強化する情報を求め、対立する情報を回避する傾向があります。

情報の評価: 人々は、自身の感情や信念に合致する情報をより肯定的に評価し、逆にそれに反する情報を批判的に評価する傾向があります。これにより、情報の選択性が強まることがあります。

社会情動的選択性理論は、メディアの情報受容や意見形成における個人の選択性に関する理解を深めるために使用されます。この理論によれば、人々は自身の感情や信念を強化する情報を好む傾向があるため、情報のバランスや多様性が欠如する可能性があります。メディアの情報提供者や個人自身が、異なる視点や意見に対する開放性や批判的思考を促進することが重要です。

https://www.weblio.jp/content/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%8B%95%E7%9A%84%E9%81%B8%E6%8A%9E%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96