埋没費用効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

埋没費用効果とは?

埋没費用効果(Sunk Cost Effect)は、経済学や行動経済学の概念の一つで、過去に投資されたコストやリソースに対する心理的な傾向を指します。

埋没費用とは、既に支払われた費用や投資であり、取り戻すことができないコストのことを指します。例えば、プロジェクトに多額の資金を投入したり、時間や労力を費やしたりした場合、それらは埋没費用となります。

埋没費用効果は、人々が過去の投資やコストに固執し、将来の意思決定に影響を与える傾向を指します。具体的には、以下のような心理的な反応が見られます:

損失回避の傾向: 埋没費用を回収しようとするため、既に投資されたコストを捨てることに躊躇する傾向があります。これは、将来的に損失を避けるために、本来ならば最適な選択を見送ってしまう場合があります。

資源の無駄遣い: 埋没費用に拘束されることで、本来の目的や最善の選択を無視し、それにさらにリソースを投入してしまう場合があります。つまり、過去の投資を正当化しようとして、ますます多くのコストや労力を費やすことがあります。

埋没費用効果は合理的な意思決定とは逆の行動を引き起こすことがあり、効率的な経済活動や資源配分に悪影響を及ぼす可能性があります。経済学者や意思決定の研究者は、この効果を認識し、過去の投資に基づく判断から切り離された最適な意思決定を促すための方法を模索しています。

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ko/A02762.html