クーリッジ効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

クーリッジ効果とは?

クーリッジ効果(クーリッジこうか、英: Coolidge effect)は、性的興奮や性的関心が新たな刺激やパートナーに対して特に高まる現象を指します。この効果は、性的欲求や性的興奮の回復や刺激の新鮮さに関連しており、動物行動学や人間の性行動の研究で観察されることがあります。

クーリッジ効果は、名前が由来するエピソードに由来しています。伝説によれば、アメリカの第30代大統領であるカルビン・クーリッジ氏が、夫人と一緒に鶏小屋を訪れた際、ニワトリが一頭のオス鶏に交尾を求める行動を見て、鶏小屋内の雄鶏を新たに交代させると、その雄鶏も同じように交尾を求める姿を見せたという逸話があります。このエピソードから、性的興奮が新たな刺激によって高まる現象がクーリッジ効果と呼ばれるようになりました。

クーリッジ効果は、動物や人間の性行動において、性的刺激の新鮮さや異質さが重要な要素となることを示しています。新しいパートナーに対する興奮や関心は、繁殖の成功や遺伝的多様性の確保につながる進化的なメカニズムとして考えられています。

この効果は、性的興奮や性的関心が単調化や飽和化することを防ぎ、個体が新たな刺激を求める動機を持つことを示唆しています。ただし、個人や動物の性的行動は複雑で多様な要因によって制御されるため、クーリッジ効果だけが性行動の全てを説明するわけではありません。

クーリッジ効果は、動物行動学や人間の性行動の研究において興味深いテーマであり、個体の性的行動の変動やパートナーシップの側面を理解するために重要な概念です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8%E5%8A%B9%E6%9E%9C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です