同族嫌悪とは、自分と似た人に嫌悪感を抱く感情

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

同族嫌悪とは、自分と似た人に嫌悪感を抱く感情です。

同族嫌悪の特徴

同族嫌悪の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

自分と似た部分を否定してしまう

同族嫌悪の原因としては、自分自身が受け入れがたい部分を、自分と似ている人に投影してしまうことが挙げられます。例えば、自分は太っていることを嫌いだとすると、太っている人を見ると「太っている人は嫌い」と否定してしまうことがあります。

自分と似た人に競争心を抱く

自分と似た人が成功したり、自分よりも優れていると感じることがある場合、自分と似た人に競争心を抱くことがあります。例えば、自分も同じ業界で働いている人が成功すると、「自分ももっと頑張らないと」と焦りを感じ、その人を嫌いになってしまうことがあります。

自分と似た人に嫉妬してしまう

自分と似た人が自分よりも幸せそうな生活を送っていると、嫉妬してしまうことがあります。例えば、自分と同じ境遇の人が結婚や出産をすると、「自分も早く結婚したい」と嫉妬し、その人を嫌いになってしまうことがあります。

同族嫌悪とは? 意味や逆の意味の言葉、同族嫌悪に陥る人の心理・特徴も解説 | マイナビニュース

同族嫌悪の対処法

具体的な対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

自分自身の嫌な部分を認める

自分自身の嫌な部分を認めることは、同族嫌悪を克服する第一歩です。自分の嫌な部分を認めることで、他人に対して自分の嫌な部分を投影して嫌悪する心理が減ります。また、自分の嫌な部分を改善していくことで、他人に対して劣等感を感じにくくなります。

相手のいいところを見つける

同族嫌悪を抱く相手には、必ずいいところもあります。相手のいいところを見つけて、自分もそうなりたいと思うことで、同族嫌悪を克服しやすくなります。

自分と他人を比較するのをやめる

自分と他人を比較して劣等感を感じている場合は、自分と他人を比較するのをやめることが大切です。自分と他人は、それぞれ違う個性を持っていることを認め、自分を受け入れるようにしましょう。

成功体験を積み重ねる

成功体験を積み重ねることで、自分への自信がつき、他人に対して劣等感を感じにくくなります。

同族嫌悪の心理4つとは? 恋愛において同族嫌悪になってしまう事例を紹介。 | 恋学[Koi-Gaku]

同族嫌悪の同義語、類義語、関連語、反対語

  • 近親憎悪