社会的比較理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

社会的比較理論とは?

社会的比較理論(しゃかいてきひかくりろん)は、社会心理学の概念の一つであり、自己評価や自己認識を他者との比較によって形成する理論です。社会的比較理論では、人々は自分自身の能力や特徴、評価を他者と比較することで、自己の位置や評価を把握しようとする傾向があると考えられています。

社会的比較理論においては、以下のような要素が重要です:

上向き比較: 上向き比較は、自己評価を高めるために他者と比較する際に、自分よりも優れた能力や特徴を持つ人々を参照することを指します。このような比較は、自己の努力や向上の目標を促進し、自己評価を向上させる効果があります。

下向き比較: 下向き比較は、自己評価を維持するために他者と比較する際に、自分よりも劣っている能力や特徴を持つ人々を参照することを指します。このような比較は、自己評価を守り、自己肯定感を維持する効果があります。

同一性と集団の影響: 社会的比較は、自己の評価や同一性に影響を与えるだけでなく、所属する集団や文化からの影響も受けます。他者との比較が個人の評価や自己認識にどのように影響するかは、社会的文脈や集団の価値観によって異なる場合があります。

社会的比較理論は、自己の評価や自己概念形成、自己肯定感などの心理的プロセスを理解するための枠組みとして重要です。他者との比較は、自己の位置や評価を把握するための参照点として機能し、自己成長や目標設定、競争意識の形成に影響を与えることがあります。

ただし、社会的比較は個人の心理的状態にも影響を及ぼすため、他者との比較が過度になると自己評価の低下や不安感を引き起こすこともあります。個人は自己の独自性や価値を尊重しながら、社会的比較を適切に活用することが重要です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E6%AF%94%E8%BC%83%E7%90%86%E8%AB%96