ギルダーの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ギルダーの法則とは?

「ギルダーの法則」とは、情報通信技術の分野で知られる経済学者ジョージ・ギルダーによって提唱された法則です。この法則は、通信ネットワークの帯域幅が定期的に成長し、その結果として情報の価値が指数関数的に増大すると主張しています。

ギルダーの法則は、1989年に彼の著書『テレコスム』で初めて提唱されました。彼は、情報通信技術の進歩によってデジタルデータの伝送速度が向上し、帯域幅が増加すると、新たなイノベーションやビジネスモデルの創造が促進され、経済成長が加速すると主張しました。

ギルダーの法則は以下のような特徴を持っています:

帯域幅の成長: 通信ネットワークの帯域幅は定期的に成長し、情報の送受信能力が向上するとされます。これは、光ファイバーや無線通信技術などの進歩によって実現されます。
価値の指数関数的増大: 帯域幅の増加により、情報の伝送や処理が高速化され、大量のデータが瞬時に送信されることが可能となります。この結果、情報の価値が指数関数的に増大するとされます。
イノベーションと経済成長: ギルダーは、情報の価値が増大することで新たなイノベーションやビジネスモデルが生まれ、経済成長が促進されると主張しています。
ギルダーの法則は、デジタル技術の進歩によって情報の取り扱いが劇的に変わることを予測し、その後のインターネットやモバイル通信の急速な発展を示唆していました。ただし、この法則は単なる予測であり、現実の情報通信技術の発展は多くの要因によって影響を受けるため、必ずしも一定の法則性があるわけではありません。

https://www.itmedia.co.jp/im/articles/0806/16/news131.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5