対応バイアスとは、ある人の行動を、その人の内的な特性や性格に帰属させる傾向を指す認知バイアスのこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

対応バイアスとは、ある人の行動を、その人の内的な特性や性格に帰属させる傾向を指す認知バイアスのことです。

例えば、ある人が、ある状況で良い行動をとった場合、その人は「本来、良い人なのだ」と思い込みます。また、ある人が、ある状況で悪い行動をとった場合、その人は「本来、悪い人なのだ」と思い込みます。

対応バイアスは、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 人の性質に対する信念:人は、人は生まれつき善人か悪人かという信念を持っている傾向があります。そのため、ある人の行動を、その人の内的な特性に帰属させようとするのです。
  • 認知的省力化:人は、複雑な思考を避けるために、単純な思考に頼る傾向があります。そのため、ある人の行動を、その人の内的な特性に帰属させることで、思考を省力化しようとします。

対応バイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • 人事評価においては、対応バイアスが働くことで、能力や実力とは関係なく、評価が偏ってしまうことがあります。
  • 裁判においては、対応バイアスが働くことで、被告人への有罪判決が下されやすくなることがあります。
  • 日常生活においては、対応バイアスが働くことで、他人を正しく理解できず、トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

対応バイアスは、必ずしも悪いことばかりではありません。例えば、対応バイアスが働くことで、他人を信頼したり、期待したりすることができることもあります。しかし、対応バイアスが働くと、他人を誤解したり、偏見を持ったりすることにもなりかねません。

対応バイアスを軽減するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 人の性質に対する信念を疑う
  • 相手の行動を、その状況や環境の影響も考慮して判断する
  • 多様な視点から物事を考える

対応バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、より正確な判断を下し、より良い人間関係を築くことができます。

参考URL:
対応バイアス(基本的帰属錯誤) | ITカウンセリングLab

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5