黄金比

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

黄金比とは?

黄金比(おうごんひ、英: golden ratio)は、美術や建築などの分野で使用される数学的な概念です。黄金比は、二つの部分の比が、全体と大きな部分の比と同じになる比率のことを指します。

具体的には、ある長さを A、それを二つに分割した際の短い部分を B、長い部分を A-B とすると、黄金比は次のような比率です。

A / B = (A - B) / A

この比率を近似的に計算すると、およそ 1.6180339887... という数値になります。この数値は、ギリシャの数学者であるユークリッドによっても提唱されました。

黄金比は、美的なバランスや調和の感覚を生み出すとされており、美術作品や建築物のデザインにおいて頻繁に用いられます。また、自然界にも見られることが多く、花のつくりや貝殻の巻き方などにも黄金比が現れることがあります。

黄金比は、人々に魅力的に映る比率として広く認識されており、美学的な観点からも注目されています。

https://www.profuture.co.jp/mk/column/36009