ボトルネックモデル

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ボトルネックモデルとは、システムやプロセスの全体のパフォーマンスを制限する要素を特定して、その要素を改善することでシステム全体のパフォーマンスを向上させるという考え方です。

ボトルネックとは、処理能力や容量が限られているため、システム全体のパフォーマンスを低下させる要素のことを指します。ボトルネックが発生すると、その部分で処理が滞り、システム全体の処理速度が低下したり、応答時間が遅くなったりします。

ボトルネックモデルでは、システム全体のパフォーマンスを向上させるためには、ボトルネックを特定して、そのボトルネックを改善することが重要であるとしています。

ボトルネックを特定するには、システムやプロセスの全体を分析して、処理速度や処理量などのデータを収集します。このデータを分析することで、ボトルネックが発生している箇所を特定することができます。

ボトルネックを特定したら、そのボトルネックを改善するための対策を実施します。ボトルネックを改善する方法としては、処理能力を向上させる、処理量を削減する、処理を並列化するなどの方法があります。

ボトルネックモデルは、システムやプロセスのパフォーマンスを向上させるための有効な手法です。ボトルネックを特定して、そのボトルネックを改善することで、システム全体のパフォーマンスを向上させることができます。

ボトルネックモデルは、以下の分野で活用されています。

製造業
物流業
情報システム
金融業
医療
これらの分野では、システムやプロセスのパフォーマンスを向上させることが重要であり、ボトルネックモデルが活用されています。

http://glossary.jste.or.jp/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5