スキットの法則

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スキットの法則とは、ソフトウェア開発における法則の一つで、以下のようなものです。

ソフトウェアのバグは、十分な人数の目で見られれば、必ず見つかる。

つまり、ソフトウェアは、一人の開発者だけで完璧にテストすることは不可能であり、複数人の開発者や、ユーザーによるテストによって、より多くのバグを見つけることができるということです。

この法則は、ソフトウェア開発の現場でよく知られた法則であり、ソフトウェアの品質向上のために、積極的に公開やテストを行うことが重要であることを示しています。

なお、この法則は、ソフトウェア開発だけでなく、他の分野でも適用可能です。例えば、論文やレポートの誤りを指摘する際にも、複数人の意見を聞くことで、より正確な指摘を行うことができるでしょう。

https://karapaia.com/archives/52222449.html